家具のデザイン〜引き出し


インセットアウトセット

家具及びキッチンの印象は引き出しの作り方で大きく印象が異なります。大まかに言ってインセットは家具調。アウトセットは現代的になります。


インセットの引き出し

インセットとはキャビネットに枠を付けて引き出しがその枠の内側に入るデザインです。

インセットの引き出し〜開いた所
インセットの引き出し

引き出しと引き出しの間にキャビネットに付けた枠が見えています。

インセットの引き出し〜閉じた所
インセットの引き出し

引き出しはキャビネットの枠の中へ収まります。


アウトセットの引き出し


アウトセットとはキャビネットに枠は無く、引き出しの前板がキャビネットの小口を隠すデザインです。

アウトセットの引き出し〜開いた所
アウトセットの引き出し

引き出しの前板がキャビネットにかぶさる様に作ります。

アウトセットの引き出し〜閉じた所
アウトセットの引き出し

閉じた時にはキャビネット本体はほとんど見えません。
引き出しの前板と前板の間は2mmくらいの隙間になります。


扉の材質やデザインが同じならインセットの方が作業工程が多く価格は高くなります。
インセットは引き出しの幅を狭くするのでアウトセットに比べて内容量は少ないです。


いわゆるクラシックな家具はインセットでしたから古典的な家具をのぞむならインセットになると思います。
古典的なデスク
でも、現代生活は昔とは違い少し軽めが合っているなということならアウトセットかなと思います。印象が違うのでどちらがお部屋のインテリアに合うかとか、お好みということになります。


アウトセットで扉は框組

アウトセットの扉

アウトセットだけど扉を框組にすると・・・やや現代的な家具調。
さらに壁に少し可愛いカーブの飾り棚を付けてカントリーな感じを出しました。


アウトセットで扉はフラット(框無し)

アウトセットでシンプルな扉
かなり現代的になります。ポップな印象。天板はステンレス。

アウトセットでシンプルな扉
扉がフラットなのでお掃除などの使いやすさは一番です。
天板は人工大理石。


引き戸

引き戸は基本的にインセットです。上の引き出しも必然的にインセット。
引き戸
キッチン側は機能的なアウトセットに、リビング側は家具調のインセットにしました。
リビング側の天板を木にすることでさらに暖かい雰囲気になりました。