家具のデザイン〜材料


無垢と突き板

家具及びキッチンの材料はいくつか有ります。大きく分けると
無垢材突き板集成材です。
そしてそれぞれに木の種類が有ります。木の種類としてはオーク、ウオールナット、メープル、チェリー、パインなど。無垢のオーク、オークの突き板、オークの集成材などそれぞれの木ごとに有ります。他にMDFも有ります。



無垢材
 無垢の木を使う場合、幅も異なる材料をはぎ合わせて扉の大きさが取れる材料にするので作業手間がかかります。『はぎ』という作業です。そして不揃いの木の厚みを揃えます。 
『はぎ』の作業
また、無垢材は伸び縮みの事を考えてあまり大きな面積にならないように框組にします。その框組の形状にもシンプルな物からアールを使ったもの、またビードを廻した物等お好みでいろいろに作る事ができます。

框組

ボリュームの有る框組


 無垢は材料費は比較的安価ですが木をはぎ合わせたり削って平らにしたり框組にしたりするため加工に時間が掛かります。


突き板
 突き板は木の丸太を桂剥きの様に薄く剥いた板の事を言います。通常はその薄い板を合板に貼って販売されます。大きさは1m×2m×10mm等と有る程度広い板として作ります。家具やキッチンに使う場合一台に使う枚数分を注文して作ってもらうため材料費は高いですが大判の平板を加工するので作業工程は少なくなります。

ジャイアントセコイアの突き板
薄いので伸び縮みが少なく合板に貼った物は広さも有るのですっきりしたデザインが可能です。また、伸び縮みが少ないのでインレイ等、他の木を埋め込んだデザインができます。デザインとして同じ木から取った突き板なので木目がそろうためキッチンの全面の木目を通すことが可能です。

メープルの突き板のキャビネット
上部のインレイ:メープルの突き板合板に彫り込みをしてジャイアントセコイアのバアルを埋め込んでいます。こういうことができるので突き板ワークは西洋では評価の高い技法です。


集成材
 集成材は無垢ですが細い材の木を集めて一枚の板状に接着した材料です。
 突き板の様な大判の平板は有りません。せいぜい60cmくらいの幅で4m位の長さ、厚みは25mmや20mmです。


MDF

木の粉を固めたもの。伸び縮みがほぼ有りません。ペイントで塗りつぶしてしまうようなペイントキッチンの場合でしたらリーズナブルな材料として重宝します。

 
パーチクルボード
キッチンのキャビネット本体はパーチを使う事が多いです。抗菌ですし両面が白い板で、これを使うと作業効率が良いです。
また、クローゼットの内部造作等にも重宝します。
クローゼット