2016年1月27日です。
メイン道路は雪が有りませんが、ショールームまでの枝道はまだ
雪が少し有ります。注意してお出かけ下さい。


通常の営業時間は下記
定休日 水・日・第一月曜日(仕入れや納品のためなど臨時給業有り)
営業時間 午前11時〜午後5時
ご予約いただければ朝・夜などOKです!
電話 0261−62−9003
メール info@derakoubou.com
電車の方 信濃松川からタクシーで10分。
高速バス 松川村道の駅よりタクシーで5分。


インターからの地図

インターからの地図

安曇野インターから車で5分
ちひろ美術館から車で5分

もっと詳しく


休憩スペース
(店内)手作りの家具に座ってお休みいただけます

パン屋さんのカーテン
カーテンサンプル展示
(こちらは施行例です)

店内〜キッチンと雑貨
(店内)可愛い照明や食器等。

店内〜家具とお洋服
(店内)カジュアル〜エレガントなお洋服。


お洋服やショール等の販売もしています。
雑貨は東京でも手に入らないドイツ製食器等集めました。

銀座『麗』さんのお洋服
銀座から『麗』

ドイツライヒェンバッハの食器
ドイツの食器



showroomミッチェルディーバーこぼれ話
工房を建築中 1996年
ミッチェルディーバーの建物ですがもともとは家具工房の作業用に建てました。
1996年に工房を建てている写真です。

松本のアパートに暮らしていたので通いで工事しました。
小野寺は設備会社で仕事をしていたので休みの日だけです。

材料はすべてアメリカから輸入しました。
大きなコンテナが山奥まで入るのが大変ではらはらしました。

工事的には基礎工事と建前だけを業者さんにお願いして後は自分たちで工事しました。水道設備工事や暖房工事はお手の物でしたが、屋根張りとか外壁工事とか断熱材入れ、ボード張り、パテ、ペンキと苦労しました。特にボードを吹き抜けの天井に張る時には足場の上に乗って、頭と腕で押さえて・・怖いし重いし・・。

当初は工房として使っていたのでシンプルな大きな箱でしたが、2007年に機械を隣町の工場へ移転したのを機に2つの部屋に区切って少しお店っぽく改装!今に至ります。

この後、引き続きこの建物に寝泊まりして隣りに自宅も建てましたがこの時はさすがに大変だったため、設備工事と内装のみ自分たちで。

そして18年・・・今も毎年ちょこちょこリフォームしています!

(ミッチェルディーバー店長 小野寺 恵子)